MENU

参拝の仕方

一歩鳥居の内側に入ったらそこは神域です。参道の中央「正中」は神様の通り道なので、右か左に寄って歩きましょう。

鳥居の内側に入る前に身なりを整え、神様に会釈をして挨拶をしましょう。帽子をかぶっていたら、鳥居をくぐるときは脱帽するのがマナーです。

参拝の前に手水舎で心や身体に付いた汚れを清めます。

本殿の前で拝礼をします。代表的な拝礼は二拝二拍手一拝になりますが、参拝の際に境内の注意書きなどを確認しましょう。

まずは神前で一拝して、賽銭を投げ入れた後に鈴を鳴らすのが一般的です。その後、二拝二拍手一拝をします。

願い事をするときは、手を合わせて祈ると説明される場合もありますが、手を合わせるのは仏教の作法で、合わせた手の形が神様を跳ね返すような形になるという説もあります。その説を信じる場合は、一拝の時にお願いごとをするとよいようです。

もし、しばらくして願いが叶ったら、神様への感謝の気持ちをこめてお礼参りをしましょう。

<参考>

【楽天ブックスなら送料無料】神社の基礎知識

【楽天ブックスなら送料無料】神社の基礎知識
価格:1,296円(税込、送料込)