MENU

神社の種類

神宮
皇室の祖神である天照大神を祀る伊勢神宮の正式名称です。鹿島神宮と香取神宮の三社が平安時代から「神宮」の照合を持っています。

一宮
地域を代表する大きな神社のこと。地域の中で最も神威が高い神社。

稲荷神社
京都の伏見稲荷大社が総本社で、稲の信仰をベースにしています。農業や商売繁盛、殖産興業の神として信仰されています。

八幡神社
大分県の宇佐の氏神から始まり、平安京の守り神として石清水八幡宮が創建されました。鎌倉時代に源頼朝が鶴岡八幡宮を創建し、武運、鎮守の神として全国に広まりました。

神明社
伊勢神宮を総本社とし、天照大神を主祭神として祀る神社のことです。神明社(しんめいしゃ)、皇大神社(こうたいじんじゃ)、天祖神社(てんそじんじゃ)などともいい、通称として「お伊勢さん」と呼ばれます。

天神社
平安時代の学者、菅原道真を祀る神社のことです。学問の神様として、また、受験の神様として知られています。

<参考>

【楽天ブックスなら送料無料】神社の基礎知識

【楽天ブックスなら送料無料】神社の基礎知識
価格:1,296円(税込、送料込)